エレベーターメンテナンス

エレベーターメンテナンス

トップページ > エレベーターメンテナンス > 資格認定者による『法定検査』

資格認定者による『法定検査』

昇降機の安全を徹底的にチェックするー法定検査

法定検査

「法定検査」とは建築基準法第12条に基づいた制度で、定められた基準通りの性能があり安全装置は確実に働くか、最新技能を持った昇降機検査資格者による徹底した検査です。
検査結果は定期に特定行政庁への報告が所有者・管理者に義務付けられています。

法定検査

法定検査よりもさらに厳しい社内基準でさらなる安全を

法定検査よりもさらに厳しい社内基準でさらなる安全を

昇降機には様々な安全装置が備わっています。
例えばドアが閉じた事を確認するスイッチは乗客の安全を確保するため重要なものです。
安全装置の中には常にエレベーターの動きを監視し、万が一の時だけ動作するものもあります。
それらは全て法定検査で必要な性能を満たしているか確認されます。

昇降機検査資格者への研修と監査

昇降機検査資格

昇降機検査資格者とは実務経験を有し国上交通大臣の登録を受けた者が実施する「登録昇降機検査資格者」講習を受講、修了考査に合格した技術者です。
昇降機検査基準は常に同じではなく、時代に合わせて改正されていきます。

定期的に昇降機検査資格者に対し改正内容の研修を実施、十分な知識
と技術が備わり検査を行なっているか社内監査を行なっています。

既存不適格についてもご相談下さい。

建物は建築された当時の法令に基づいて建築されています。
そのため、建築基準法令が改正されると、新しい法規に適合しないことがあります。
その場合、現時点の建築物(既存建築物)は、新たに定められた法令の規定が適用されないことが定められています。
これがいわゆる「既存不適格」です。

エレベーター安全装置設置済みのマーク表示制度

一般の利用者にとって戸開走行保護装置、及び地震時管制運転装置が設置されているエレベーターかどうか、容易にわかるマークをエレベーター内の見やすい場所に表示する任意制度です。

所有者等の承諾を受けた上で、指定の安全装置いずれかを設置したエレベーターはかご内に安全マークを表示することができます。

安全マークの貼付、安全装置の設置に関しては弊社事業所までお問い合わせ下さい。

戸開走行保護装置
戸開走行保護装置

駆動装置又は制御器に故障が生じ、かごの停止位置が著しく移動した場合や、かご及び昇降路のすべての出入口の戸が閉じる前にかごが昇降した場合に、自動的にかごを制止し人が挟まれること防止する装置(建築基準法施行令第129条の10第3項第1号)。

地震時管制運転装置
地震時管制運転装置

地震発生初期の微震動(P波)を感知、本震(S波)が到達する前に最寄り階に自動運転し、乗客をエレベーター外へ避難させることにより、かご内への閉じ込めを未然に防ぐことができる装置(建築基準法施行令第129条の10第3項第2号)。

一般社団法人 建築性能基準推進協会 エレベーター安全装置設置済みマークについて
http://www.seinokyo.jp/evs/top/

エレベーターメンテナンスには信頼あるマーキュリーアシェンソーレへ!

詳しい資料のご請求はこちら

トップへ戻る