マーキュリーアシェンソーレ株式会社

エレベーター安全装置設置済みのマーク表示制度

一般の利用者にとって戸開走行保護装置、及び地震時管制運転装置が設置されているエレベーターかどうか、容易にわかるマークをエレベーター内の見やすい場所に表示する任意制度です。

所有者等の承諾を受けた上で、指定の安全装置いずれかを設置したエレベーターはかご内に安全マークを表示することができます。

安全マークの貼付、安全装置の設置に関しては弊社事業所までお問い合わせ下さい。

戸開走行保護装置 戸開走行保護装置
駆動装置又は制御器に故障が生じ、かごの停止位置が著しく移動した場合や、かご及び昇降路のすべての出入口の戸が閉じる前にかごが昇降した場合に、自動的にかごを制止し人が挟まれること防止する装置(建築基準法施行令第129条の10第3項第1号)。
地震時管制運転装置

地震時管制運転装置
地震発生初期の微震動(P波)を感知、本震(S波)が到達する前に最寄り階に自動運転し、乗客をエレベーター外へ避難させることにより、かご内への閉じ込めを未然に防ぐことができる装置(建築基準法施行令第129条の10第3項第2号)。

 

一般社団法人 建築性能基準推進協会 エレベーター安全装置設置済みマークについて
http://www.seinokyo.jp/evs/top/

 

 

エレベーターの保守点検・リニューアルはマーキュリーアシェンソーレへ

 

 

トップへ戻る